流し2

2. 1人で熟す内容は勿体無い

3. 全ての行動の裏の想いをもう一度問う

先日1. に関して言葉を並べました。

2. 1人で熟す内容は勿体無い

「流し川大作戦」を2015年冬に行いました。

思いもメッセージも溢れていた

あの頃、僕はエネルギーが爆発していたのだろう。

一ヶ月で1000枚のCDが売れるものなのか??という企画で

広島市内の繁華街、流川を流す企画であった。

結果、470枚のCDは

売れたが、今となっては

大きな大きなご縁や展開に繋がったかと聞かれるとそうとは言えない。

こなしただけの日々だった。

今になって思うが

本当に本当にこの1人の清水十輝という人の器を試そうと頑張った日々だった!

1人でどこまでできるか?!

その限度をあの時体験していた為に

今回

九州での一週間、流しをする中

つくづく一緒に動いてくれる人々のありがたさと力を思い知った。

店から店へ、人から人へ繋いでいただくありがたさを知った。

もともと、ミリオネア序章の旅として歩き出した九州も

深い繋がりが産まれすぎてw

ほとんど歩いていないw

人が人へと繋ぎ

毎日移動しながら

友達の友達を訪ねる

でも、これが最大の

最大の財産なのだと思い知った

2回目3回目訪れる街や店は

これまで、もっともっと少なかった。

47都道府県回ったヒッチの旅から繋がっている人は

ごくわずか!!

でも、今回の九州は

それが

次から次へと繋がっていく。

2回も3回も訪れる街がすでにある。

これは、1人でなしとげようとしているプロジェクトには訪れる事ない出来事だ。

人に、これまでの何倍も感謝がえふれ



3. 全ての行動の裏の想いをもう一度問う

結果的に締めのような思い出はあるが、結論ここに帰って来た。

流しが悪いわけでも

メディアやライブ、お金を稼ぐことが悪い事だと言うのではない。

裏にもとづく想いが全てだと。

常に今の自分の行動の動機に目を向け観察する。

湧き出ている想いなのか

頭でひねり出した想いなのか

愛がある想いなのか

傲慢さに基づく想いなのか

生きるエネルギーか

死んでいる波動か

心のそこから笑えることか

何かと無理をして作った自分か

心が踊るか

縛られるか

常に隣の大事な人

縁の深い人と想いや感覚をシェアしながら

今日もまた生きていきます。

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です