東京に関して

「東京」

12月頃からずっと気になっていた

ミリオネアプロジェクトを進めていく上で、

研ぎ澄まされた感覚の人間たち、

何か革命を起こしにきた人間たち、

厳選された感性の人間たちが

東京には居るように感じていたし

実際友人でも多く居る

最前列でその生き様を貫き通してるイメージ

その同じ戦場に立っていたい気持ち

ストイックな環境を利用して自分を追い詰めたい

10代からお世話になった恩人たちが溢れている広島という街に居る事で不必要な落ち着きや堕落に知らずと沈んでいる可能性に恐さを覚えて

抜け出したかった

それが、、また今日ひとつ変わってきているのだ

最大の理由は:

「本当に2年後死ぬ」

「5年後世界が滅びる」

一見おとぎ話のような話たちが肌レベルでリアルに体感した事が今回の気付きの一番大きな理由となった

地球の本当の危機を感じた上で

この僕は今と同じ行動を取っているだろうか?

後悔は無いだろうか?

まだ、、どこかで上手い事やろうと

将来の自分が楽できるように今地盤固めにエネルギーを割いて(これも決して悪い事では無い)

将来痛い目を見ないために、今溢れ出るエネルギーをどこかで抑えて

「東京」はこれに値するように思えたのだ

「場所」やこの「広島」という響きに

自分がトラウマのごとく反応している事がわかってきた

でも、本当に、、

本当に、、

時間が限られているとしたら

「場所」ではなく

「人」というキーワードに戻ってきた

例えば:

本気で東京にいる何々君や何々ちゃんとおもろい事がやりたいと思ってたら、とっくに通いながらやってる

石川県や長崎県島原のように

行くだけで次から次へと縁が広がり

呼び戻される

これがご縁のある土地

でも、それは

石川県のクノキ家、澤本家、岩井さんや

長崎県のなおみさん、かおるさん、きょうこちゃん達がいて

彼らとおもろい事がやりたいから

そのひとくくりときて地名を述べているだけなようにも見えてきた

今の結論、

広島というワード

地名を拒否する癖は捨てて

広島、東京、沖縄、石川

関係なくそこにいる大好きな人たちと

密につながり

必要であればあれらの写真をプリントしてw

家中に貼って(変態)w

常に思いを寄せやすくする環境を作るなど

人間の思考の癖はどうにだって変えようがある

その大好きな人たちと繋がり

ミリオネアの感動を1人でも多くの人と共有するにはどうしたらいいか

を常に感性のアンテナを使い感じ続けること

これが今最大の

「チーム作り」なのかもしれない
photo 厳島の夕日

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です