旅唄

久々に歌詞を書いたね。。

人の歌詞に曲付けてばかりで

久々だから

ブログにアップします

「旅唄」

作詞作曲: 十輝

金は無いが満ち足りてる

家は無いが家族はいる

ゴールが無いから旅をする

旅をする限り歌がある

トラックのドライバーが言った

なんでも若いうちだよと

歳を取って家庭を持って守るものが出来るまで

トラックのドライバーが言った

ご飯屋の母ちゃんが言った

体だけは大事にしなよと

人に迷惑はかけないで

何かあれば帰っておいで

ご飯屋の母ちゃんが言った

頭下げまくって生きてるのは

申し訳ないのでは無くて

ありがとうって伝えたい人が目の前にこれほども居るからなんだ

金は無いが満ち足りてる

家は無いが家族はいる

ゴールが無いから旅をする

旅をする限り歌がある

人に貸したお金が

帰ってこない事がありました

人に借りたお金が返せなかった

事がありました

人を愛そうとして

傷つけてしまった事があったな

人を憎もうとして愛されてしまった

そんなこともありました

頭下げまくって生きてるのは

恵まれていないのではなくて

羨ましいだろ?自慢するほど

尊敬する仲間に恵まれてるから

くわえタバコの老人が言った

もう考えるのはやめなよと

過去の経験達が邪魔をするから

くわえタバコの老人が言った

胸を張って生きるのは

いつかの話ではなくて

胸を張って生きられるような

今を選び続けたいよな

金は無いが満ち足りてる

家は無いが家族はいる

ゴールが無いから旅をする

旅をする限り歌がある

旅をする限り歌がある

ああ生きてる限り歌がある

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です