ジョンレノンには程遠いようだな

空港に向かう電車の

向かいの席に座ったとある家族

大きなキャリーに土産袋

2,3個とカラフルなリュック背負ってる

あぁ、セブンコーヒーを少年が飲んでいる

大きな声で一方的に語るお父さん

見守ってるのと言えない表情お母さん

彼らを見下す俺さん

ジョンレノンには程遠いようだな

ジョンレノンには程遠いようだな

あの国の人は。。なんてさ

ジョンレノンには程遠いようだな

これしかないって言われたら嫌なんだ

救いの道はこれしかないと

どの道も、どの教えも素晴らしいが

これしかないって言われたら嫌なんだ

ジョンレノンには程遠いようだな

ジョンレノンには程遠いようだな

否定の先には隔たりも存在する

だからジョンレノンには程遠いようだな

ジョンレノンには程遠いようだな

ジョンレノンには程遠いようだな

イマジンを歌い続けてるこの俺は

ジョンレノンの様にいつか君を愛したい

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です