とうかさん

広島は

とうかさん大祭真っ只中です

20歳に初めてPRアンバサダーを務めて早4年目

あまり自分のやるべき事、役目、使命を把握しきる事ないまま時間だけが過ぎました

お寺の副住職も、役員の方々もきっと一緒なのかなと昨日ふと思いました

400年も続くなかで、彼らも

もちろんやるという決意を持ちながらも

これまでずっと行われて来たからという事が1番大きい様に思えて来た

これは「文化」そのものだと感じる

これはなぁなぁにやるという意味ではなく、残らせたものを形としてただただ繋いでいく、続けていく、世代交代していく

「君の名は」の映画にもあったように

意味がわからなくなってしまっても

形として、祭りとして守るべきものを守っていく

400年もの歴史あるとうかさんの

僕は100分の1しか体感していないのだから

もちろんわかるわけが無い。という事

成し遂げる事以上に

この経過、道のり、向かっている最中が最も尊い時なのだと思う

本当に、小さな自分

小さくていいんだ

小さい自分でいいんだ

世界は小さな美しさの積み重ねで出来上がっている

Bookmark this on Google Bookmarks
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です